Works

CPI 80円以下の効果を実現!無料通話アプリ「SkyPhone」の生放送PR事例

無料通話アプリSkyPhone(スカイフォン)を、YouTuberが生放送企画でPR。YouTuberと視聴者様のトークバトルを実施。2週間で6,000インストールを超えCPIは80円を下回り、高い訴求力のPRを実施できた。本施策が起爆剤となり日々のインストールも増加し、現時点で33万インストール数を達成。



施策の目的
Web記事広告以上に高訴求力のPR実施
新規の年齢層のユーザー掘り起こし
通話アプリの効果的なPR手法

施策の内容
アプリインストール数の最大化を狙ったPRを企画
アプリを使ってYouTuberと視聴者様の生放送トークバトルを実施




YouTuberPRを行なった経緯

高音質でシンプルな無料通話アプリです。ユーザー登録が一切不要で、ワンタップで専用番号を取得、時間を気にせずに通話できます。



YouTuberPRに取り組まれた背景

SkyPhoneのプロモーションとして、これまでWebによる記事広告を出していましたが、それを超える訴求力の手法を検討していました。また、ユーザー層は20~30代が多かったので、それ以外のユーザー層に訴えかけ、Webでの認知度を上げていきたいということも実施した理由の一つです。実際にサービスのお話を聞いて面白いなと思い、実施することにしました。



今回のPRでの狙い

通話アプリは相手がいないと成り立たないので、どのようにしたら効果的なPRができるのか模索していました。今回のPRは、YouTuberさんが生放送で視聴者の方とSkyPhoneを利用したトークバトルをするという企画で、課題点をクリアするものでした。事前告知からのお祭り感、ユーザーとSkyPhoneを利用して直接対話する形が目新しく、イベント中も大変盛り上がりました。



得られた結果と評価

PRを実施してから2週間で6000インストールを超え、CPIは、想定していた300円を大きく下回る80円を切りました。特に、実施当日ではありますが2000インストールを超えたことに、大変驚きました。これが起爆剤となり、インストール数がさらに増えたように思います。今では1200〜1300/日のインストール数があり、現時点で33万インストール数を達成。今後SkyPhoneではユーザーからの要望に応える機能を追加していくことで多くの方に広めていきたいと考えています。

本PRを通じて、ブランド知名度の向上と効率的なユーザーの獲得に成功しました。SkyPhoneによる生放送トークバトルの第二弾も検討中です。

また、SkyPhoneとの相互通話が可能な新しい通話アプリをリリースいたしました。アプリ同士の通話が無料なのはSkyPhoneと同じですが、さらに050番号を取得して一般電話とも有料通話できる通話アプリです。2015年12月にiOS版を、2016年1月にAndroid版をリリースいたしました。



配信動画

関連するPR実績 PR実績

その他の実績 Works

Contact

Contact

電話でのお問い合わせ
03-4520-5775

午前10時 〜午後6時平日のみ

Corporate Profile

社名
株式会社BitStar(ビットスター)
設立日
2014年7月10日
住所
東京本社
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-22-3 渋谷東口ビル 10F
Google Map

関西支社
〒530-0057 大阪府大阪市北区曾根崎2-8-5 お初天神EAST BLDG 5F
Google Map

九州支社
〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神 1-4-1 西日本新聞会館 16F(天神スカイホール内)
Google Map
従業員
120名
資本金
14億4,703万663円(資本準備金含む)
取引金融機関
みずほ銀行
りそな銀行
三井住友銀行
事業内容
・クリエイタープロダクション事業
・コンテンツ制作事業
・インフルエンサーマーケティング事業
グループ会社
株式会社Fun
株式会社JOINT LABEL
代表者/
役員
代表取締役社長CEO  渡邉 拓
取締役CTO      山下 雄太
取締役CFO      寺谷 祐樹
執行役員       泊 大輔
執行役員       宮本 晋一郎
執行役員       安原 祐貴
CDO         菊地 俊之
共同創業者      原田 直
社外取締役      深山 和彦
社外取締役      山川 隆義
常勤監査役      池田 千尋
社外監査役      掛川 紗矢香
社外監査役      杉原 嘉樹
顧問         三木 寛文
顧問         佐藤 明夫